A.Visual NAVIには、SQL文を早く、正確に入力することを目的に「入力支援機能」が実装されています。
Q.SQLエディタの、「入力支援機能」とはどのようなものですか?
閉じる
1.SQLテンプレートを表示する。
2.テーブル、ビューの列情報を表示する。
3.テーブル、ビューの一覧を表示する。
4.テンプレート・ファイルの設定方法
ヘッダー部から次のヘッダー部までが、コード部として認識されます。この間は、SQLエディタに表示させたいコードを自由に設定することができます。
コード部内で|(パイプ)を指定すると、コードが選択表示された時に、カーソルをその位置に設定することができます。
(3).コード部
ヘッダー部は必ず「[ ](カギ括弧)」で括り、検索キーワードと説明文を「|(パイプ)」で区切って指定します。尚、パイプ文字の前後は、一文字のスペースを挿入します。
(2).ヘッダー部
(1).テンプレート・ファイルの構造

入力支援機能のテンプレート表示は、Visual NAVIの実行ディレクトリにある「NAVI.TPL」から行います。このファイルは、テキスト形式のファイルですから、メモ帳等のエディタで自由に編集、使用することができます。
ここでは、テンプレート・ファイルの構造とその設定について説明します。

4.テンプレート・ファイルの設定方法
標準のテンプレート・ファイル (NAVI.TPL) の内容
検索キーワード 内容
?aa・・・bb・・・
aa:
SQLコマンド
bb:
連番
初心者向けテンプレート
(?SELECTが登録されています。)
CREATE CREATE コマンド・テンプレート
ALTER ALTER コマンド・テンプレート
FUNCTION 関数テンプレート

※上の例では、検索キーワードに?SELECTを指定しましたが、?SELでも同等の結果を得ることができます。Visual NAVIは、入力された検索文字列でテンプレート・ファイルの検索キーワードを「前方一致」で検索し、リストボックスに表示します。

該当の項目を選択すると、次のようにSQLエディタにテンプレートを表示します。
下図のように、SQLエディタで「?SELECT」と入力して、[Ctrl]+[スペース・キー]を押下すると、あらかじめ
設定されている検索キーワードの一覧が表示されます。
1.SQLテンプレートを表示する。
下図のように、SQLエディタでテーブル(ビュー)名を入力して、「.(ピリオド)」を押下すると、該当テーブル(ビュー)の列名、データ型、桁数が表示されます。
2.テーブル、ビューの列情報を表示する。
ログオン以外のスキーマから一覧を取得する場合は、まずスキーマ名を入力後、[Ctrl]+[T]を押下します。
下図のように、SQLエディタで[Ctrl]+[T]を押下すると、ログオンしているスキーマからテーブルとビューを検索し、表示します。
3.テーブル、ビューの一覧を表示する。